挑発的で境界線がなく、進化を続けるジェンダーレスなレーベルTELFAR(テルファー)を創設し、成長させたデザイナー Telfar Clemens(テルファー・クレメンス)。

「CFDA ファッション アワード」2020年のアメリカン・アクセサリー・デザイナー・オブ・ザ・イヤーを受賞したクレメンスは、2011年秋冬ファッションショーの目玉としてUGG®のClassicブーツを脱構築した経験があります。TELFARによる解釈やシルエットの使い方は大胆不敵で反抗心すら感じさせます。2021年、UGG®とTELFARは再びタッグを組み、前回の核となるナラティブをさらに増幅させたコレクションを発表します。

 

2020年、世界中の状況が変わってあなたの生活やブランド、日々のルーティーンなどに変化は? 

僕たちはいつもさまざまな世界を視覚化してきたけど、今の世界はこれまでとは全く違う。僕たちが試みてきた多くのビジョンが現実になったように感じるよ。働き方ですらね。うちのブランドの働き方は、前から他のブランドとは全く違っていたけど、今では15年早くスタートできたみたいに感じるよ。

 

インスピレーションの源は? 

いつも外の世界がスタート地点になるんだ。どこにいるときも人を観察してる。一番「ファッショナブル」な人を探してる訳じゃない。僕が魅力を感じるのは、何か別のものに合わせて服を着ている人なんだ。その人たちは、それが正しい、それが自分らしいって感じる服を着ているんだ。とても心地良いんだけど、必ずしも正しくは見えないスタイル。それが僕をワクワクさせるんだ。

 

コレクションを創り上げているときは、どんなことを感じてる? 

コレクションは、自分が感じていること、あるいはそのときに感じていることの一種の表現なんだ。大抵は自分1人で創り始める。自分が何に興味を持っているのかを知るためのスペースと時間があるんだって感じる必要があるから。その他の色々な事を考慮するよりもね。自分が何をしたいか、ということ。

 

あなたとUGG®の歴史について教えてください。 

ワオ。2010年の話になるんだけど、2つのショーのために非公認で無許可のUGG®ブーツを作ったんだよ!僕はいつも、ある種の普遍性みたいなものに取りつかれてて。ユニークな何かが最終的にはみんなに愛される何かになる。それがTELFARのモデルなんだ。

 

UGG®ブランドについてどう感じる? 

UGG®のブーツを見たら、足に履いたときの感触がすぐに分かるよ。身体で分かるんだ。肌に触れたときにどれだけソフトで心地よいかを感じられるんだ。UGG®はすごくセクシーだと思う。それと同時に、すごくタフだとも思うよ。最高にセクシーでソフトな中に荒々しさも感じるんだ。

 

UGG®とのコラボレーションの裏側にあるインスピレーションについて教えてください。 

ファッションコラボレーションの多くは、すでに人気のあるものをさらに高めようとするけれど、そういう上とか下とかいうコンセプトにはまったく興味がないんだ。僕がやりたいのは、UGG®のDNAを理解して2つのブランドに共通する遺伝子を探ること。あの心地よさの中心にあるものに触れることだよ。

 

TELFARは初めてのジェンダーフリーブランドですね。今回のコラボレーションにもそれが反映されていますか? 

可能な限り最も分かりやすい方法でね!すべてのアイテムがみんなのためのものなんだ。ジェンダーを限定するような洋服は絶対に作らないよ。

 

コラボレーションのパートナーはどうやって選ぶ? 

2つのブランドのDNAに共通するものがあるかないか。それは、すぐに分かると思うんだ。それを感じることが必要で、ほとんど不可欠とも言える。一緒に何かを創り上げるために必要なんだ。

 

 

投稿 COLLABORATION with TELFARTHE BLOG. に最初に表示されました。